漫画

【神無月の巫女】大神ソウマは出る作品を間違っている

投稿日:

「神無月の巫女」に大神ソウマってキャラがいる。性格、見た目からしていかにも主人公である。
ヒロインを守ったり、兄ツバサが敵にまわっている、成績よし、運動よし、ロボットに乗る。こだけ見れば、主人公と言ってもおかしくない。
でもね、出る作品を間違っている。
まず、「神無月の巫女」は来栖川姫子と姫宮千歌音の百合を描いた作品で、ロボットは出てくるものの、それが主題ではない。
つまり、大神ソウマは出る作品を間違えていたと思ってしまう。違う作品なら主人公をはれていた。
ただし、自分を貫いていることがあり、姫子を守っていた。
呪で硬化されてツバサに開放される前、姫子を守る心境を質問された。
答えは
「姫子が生きてるから。それだけでいい。悔いなんて一つもないよ」
すごい。いや、もう尊敬するよ。なんだかおしい。


スポンサードリンク

-漫画

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.