漫画

【北斗の拳】世紀末覇者拳王「ラオウ」

投稿日:

ラオウとは世紀末覇者拳王で、拳王軍を率いる。そして、北斗四兄弟(リュウケンに育てられた弟子たち)長男。
兄にカイオウ、弟にトキ(北斗四兄弟次男)、妹にサヤカがいる。息子にリュウがいる。
北斗宗家の血を引いている。
野心が高く天を目指す。暴力による治世をしそれによって拳王軍の統制はなりたっている。カリスマ性も強くラオウを慕うものは多くいる。
しかし、プライドが高くパワハラは当たり前。
情けは拳を曇らすと言う理由で情けを嫌う。
北斗神拳だけでなく多くの拳法を得るために監獄カサンドラで拳法家たちから拳法を吸収する。
ユリアを自分の物にするとしていた。この時、トキにそれは愛といわれていたが理解できなかった。
甲冑を着けていることが多く作中、3種類の甲冑をまとっている(最初→兜のみ変更→大幅に変更)。
剛の拳を使い、南斗六聖拳義星のレイ、トキ、コウリュウ、南斗五車星のヒューイ、シュレン、ジュウザ、フドウに勝利
運も強くリュウケンに追い詰められたが、発作で苦しんでいる隙を突いた勝利。自身では倒せないサウザーをケンシロウが倒す。
愛馬は黒王号でプライドが高く乗り手を選ぶ。巨体でザコを蹴り飛ばす、踏み潰すこともできる。
子供の頃、修羅の国にいたが、戦争でトキと赤ん坊のケンシロウを連れて修羅の国から逃げる。
リュウケンに合うが、トキと共に崖に捨てられて養子として育てるのは一人しか育てないと宣告された。ラオウはトキを持って崖から上がる。
伝承者争いでケンシロウが選ばれてリュウケンがラオウの拳を封じに来た。リュウケンは優勢であったが、発作ですきを突いて逆転勝利。
核戦争後、拳王軍を組織。
マミヤの村でレイと戦い勝利。この時、黒王号から降りていない。
トキと戦うもトキが病人であることから自らの足とトキの足に剣を刺して勝とうとした。
ケンシロウとの戦いで両者は引き分けに終わる。この時、拳王軍の兵士は黒王号除いて逃げている。
傷をいやすため忠臣と共に隠れる。この時、サウザーとケンシロウの戦いにトキと共に見に行く。
傷がいえてコウリュウを稽古台にして倒す。
ラオウの拳を封じるためトキが動くも勝利。トキを殺さず余生を送らせた。
南斗六聖拳最後の将がユリアとわかりユリアを奪いにかかる。ヒューイ、シュレン、ジュウザ(黒王号に乗る事を認められている)に勝利し、リハクを追い詰めたがケンシロウと遭遇。
が、ケンシロウは無想転生を体得していて、ケンシロウの目を見て恐怖した。リハクの最後の罠が発動して落とされるもユリアと遭遇。
ユリアを奪うも、本拠地でユリアがラオウを看病した情けをかけたことを嫌う。
恐怖を捨てるためかつて、ラオウを恐怖させたフドウに戦う。ここで、恐怖させたのが愛と知る。
愛を知るためユリアの命を奪うが、拳王軍の兵に止められるもやろうとするが、自身にもできなかった。が、ユリアは病にかかっていたため余命はわずか。余生を伸ばすため秘孔を突き愛を知り無想転生を獲得。
ケンシロウと最後の戦いをするため北斗練気闘座で決着をつける。死闘の末、ケンシロウが勝利。
ラオウはケンシロウにユリアと共に生きることを言って自らの秘孔を突き右腕を天に突き上げて
「わが生涯に一片の悔いなし!!」
と全ての気を使って天に昇った。
遺体はトキの墓の隣に作られた。
2部でかなりの影響力があり、ラオウにトラウマを植えつけられたジャコウ、ケンシロウとラオウやトキにとっては故国「修羅の国」、ラオウ亡き後の拳王軍の面々が登場したりする。
ラオウ昇魂式というのが、あったものの内海賢二さんが参加せず、ラオウは「天へ帰るに人の手は借りぬ」という事を忘れている。あきらかに映画の宣伝だ。私はいやだ。
名言
「意思を放棄した人間は人間にあらず!! ただ笑いと媚びに生きてなにが人間だ!!」
「ならば神とも戦うまで!!」
「このラオウ
天に帰るに人の手は借りぬ!!」
「このラオウに必要なのは戦士だ!  媚など男には不要だ!!」


スポンサードリンク

-漫画

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.