名言・迷言

【名言・迷言】不平等は悪ではない。平等こそが悪なのだ

更新日:

概要

「不平等は悪ではない。平等こそが悪なのだ」とはコードギアスのシャルル・ジ・ブリタニアがクロヴィスの葬式で行った演説の一文。
これは、人々に成長に関して説いており不平等は悪ではなくむしろ成長につながること。否定はよくないとしている。
しかし、後のシャルルの考えにある「嘘のない世界」について考えると「本当は不平等を嫌っているのはシャルル自身では?」と考えてしまう。

全文

人は、平等ではない。
生まれつき足の速い者、美しい者、親が貧しい者、病弱な体を持つ者、生まれも育ちも才能も、人間は皆、違っておるのだ。
そう、人は差別されるためにある。だからこそ人は争い、競い合い、そこに進化が生まれる。
不平等は悪ではない。平等こそが悪なのだ!
権利を平等にしたE.U.はどうだ。人気取りの衆愚政治と坐しておる。
富を平等にした中華連邦は、怠け者ばかりだ。
だが、我がブリタニアはそうではない。争い競い、常に進化を続けておる。
ブリタニアだけが前へ、未来へと進んでおるのだ。
我が息子クロヴィスの死も、ブリタニアが進化を、続けているという証。
闘うのだ!!
競い、奪い、獲得し、支配しろ、その果てに未来がある!!

オールハイルブリタニア!!


スポンサードリンク

-名言・迷言

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.