名言・迷言

【名言・迷言】シュトロハイム「飲んどる場合かーッ」

更新日:

「飲んどる場合かーッ」とはシュトロハイムが科学者に対して言ったセリフ。
「消えたサンタナの巻」にて。
これは科学者がサンタの消えた報告をしていて動揺がすさまじい。科学者がコーヒーを飲んだことにシュトロハイムは叩きコーヒーを落とした。
かなり面白いセリフで「~~場合かーッ!」と作られる。

アニメではさらに細かく描写され科学者が勝手にシュトロハイムの机に置いてあったコーヒーを手に取る。これは、叩かれてもしかたない。


スポンサードリンク

-名言・迷言

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.