モンスターと妖怪

【妖怪・鬼】異形の姿

更新日:

この記事の所要時間: 022

概要

通常、鬼の外見は「肌は様々で両目、角が1つか2つ」という感じだ。しかし、平安時代の鬼は違う。
1つ目、口無しなんでもござれ。
当時の人間からは「鬼やべえ!」という印象だったろうな。人をおそうと「こっちが下手に出れば調子に乗りやがる! クソッタレ、皆殺しにしてやる!」と鬼を皆殺しにしたりする。
ようは鬼はやべえからわけわからん外見をしているということか。


スポンサードリンク

-モンスターと妖怪

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.