歴史

【日本史】甲斐親直は忠誠のため息子3人殺した

更新日:

甲斐親直は忠誠のために息子を3人あやめたという。普通に考えれば異常だ。
主君である阿蘇氏に対して異常な忠誠を持ち阿蘇氏への政策に反対した息子を殺害した。異常な極みである。二男親正、三男宣成、四男直武を殺害。
長男親英も手にかけようとしたが、部下たちの懇願で思いとどまった。
忠臣としてはいいが、親としては最低だ。
ちなみに、戦局を見極める力はあり島津の実力も知っていた。そのため、天下統一可能な物と手を組むよう阿蘇氏に伝えていたが、親英が島津の花の山城を攻撃して島津側が阿蘇氏をせめる理由を作ってしまった。


スポンサードリンク

-歴史
-

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.