歴史

【日本史】伊達政宗の趣味は料理

更新日:

伊達政宗は料理好きだったとされる。元は兵糧開発を主眼に置いていたが、太平の世で料理が趣味になった。
岩山名物の凍り豆腐、ずんだは政宗作。しかも、味噌大規模生産の親である。
大名じゃなかったら料理人でもやっていたのか? まあ、戦国時代だったし戦争に呼ばれるか。
平和な時代だったら名をはせていただろう。
「馳走とは旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理して、もてなす事である」と名言を残し後世の料理人たちに影響を及ぼした。
ちなみに戦国時代当時、戦国大名は料理を作って当たり前でルイス・フロイスはこれを見て驚いた。ただし、政宗はこれを趣味に昇華した。


スポンサードリンク

-歴史
-

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.