フランス革命

【フランス革命】革命裁判所(簡素化裁判)

更新日:

概要

革命裁判所(簡素化裁判)とはフランス革命におけるプレリアール22日法で定められた最悪の裁判。特徴は「弁護人不在、陪審員の良心によって成り立つ」という恐ろしき裁判。
陪審員に良心があるのだが、公平な感じが全くない。しかも検察が一度起訴すると取り下げ不可能。
構成は3名の裁判官、9名の陪審員。

最大の目的

最大の目的は簡素化裁判による即死刑執行。無実の罪をなすりつけ大勢の政敵を葬る手段として使われた。
テルミドールの反動までロベスピエールが悪用しロベスピエール派処刑により廃止となった。


スポンサードリンク

-フランス革命

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.