バビル2世

【バビル2世】宇宙ビールス

投稿日:

概要

登場:宇宙衛星731、宇宙ビールス、ヨミの出現PART1~2、ポセイドン出現、要塞バベルの塔、F市のなぞ、F市の脱出、V号の出現、両者の対決、救援部隊
宇宙衛星731にいた宇宙のウイルス。人間に寄生して強力な体、超能力を発揮させて操る。生きていれば命令させて動かす。感染した者はビールス人間と呼ばれる。
ビールス人間同士が手をつなぐと強力な超能力を発揮する。
ヨミを利用しているが、ヨミからは信用しておらず逆に利用される。
弱点はニンニクのエキス。浩一はニンニクエキスを入れた銃を使いビールスに感染された人間を射殺したりする。通常は注射を持っており感染したら注射で相殺したり感染者に対して刺して死なすことが可能。
狼男、ドラキュラ伯爵、アン女王も全てビールスから来ているとされる。

活躍

731が日本の村に落下して一人の男を除いて残りは全滅させ男に寄生する。駆けつけてきた軍隊を殲滅。次に防護服をまとった五十嵐、副局長率いる調査隊を五十嵐と副局長のぞいて殺害する。浩一を男と戦い敗北し捕らえられた(村は証拠隠滅のため犬に寄生したビールが燃やし五十嵐、副局長を殺そうとした)。
ビールスはヨミの情報入手してヨミを復活させて使役する。
「ポセイドン出現」ではヨミは宇宙ビールスを利用して強力な兵隊を作っていた。
「要塞バベルの塔」でビールスで強化した人間が侵入して強力な力を持って圧倒した。が、ニンニクエキスの入った銃で全て射殺された。
「F市のなぞ」以降ではF市を制圧し浩一を迎え撃つ。伊賀野が浩一からビールスの弱点を知り五十嵐に伝わり対ビールス用兵器を作り上げて自衛隊がF市で使いビールスを無力化させた。

寄生された人物

村の男

登場:宇宙衛星731、宇宙ビールス、よみがえったヨミ
日本の村にいた男。村に731が降下されウイルスによって皆殺しにされた村に生き残り。
浩一と戦い一度優勢に立つも気絶されバベルの塔に送られた。バベルの塔から脱走するため塔の地図を記した資料室に行くが、ヨミを知りヨミを探すようビールスに命令された。
ヘリコプターをジャックしてヒマラヤに向かいヨミを目覚めさせようとしたが時間がかかり浩一と戦い死亡。

動物

ビールスの基本的な兵隊。犬、牛を使う。
多数の犬を使役して強力な超能力を使う。これによりポセイドンを圧倒するほどの力量を見せる。

ヨミ

くわしくは単独記事を参照。

ヨミの兵隊

ビールスを利用して作り上げた兵隊。強力な超能力者であり集まれば強力な力を出す。
ただし、ロプロスの怪音波に弱い。


スポンサードリンク

-バビル2世

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.