藤子・F・不二雄SF短編

【藤子・F・不二雄SF短編】クレオパトラだぞ

投稿日:

「クレオパトラだぞ」とはSF短編の1つ。テーマは輪廻転生。

あらすじ

不幸の連続が続く男だが、クレオパトラの夢を見る楽悟四郎。漫画家が取材に来てクレオパトラの夢を見る楽悟を題材にした話を作ろうとしていた。漫画家が部屋から出ると家主が留守にしている間にサラ金の業者が来たのを聞いた。楽悟はこうするなら自殺を図った。
だが……。

登場人物

楽悟四郎(らくごしろう)
主人公。
就活失敗、マンションの料金未納、サラ金に金を借りた。

家主
老婆。

漫画家
ビックリコミックの作家。ここ最近になって真価を認められた。
楽悟に輪廻転生をモデルにした「クレオパトラだぞ」を話す。部屋から一度出て戻り自慢気に話していたが楽悟が寝ていたので出ていった。

結末

楽悟は転生した。だが、転生した先に待っていたのは地球最後の子としての自分であった。

漫画家の話

漫画かは「クレオパトラだぞ」の内容について話していた。
主人公はティラノサウルスからあっさり餌食となり、原人ならば自分よりも凶暴な種族により殺された。だが、最も幸福な時代はクレオパトラの時代だったがアントニウス没落で自殺。
その後は奴隷、乞食と悪い星を背負いながら生きていた。
まるで楽悟の人生をあらわしているかのようだ。


スポンサードリンク

-藤子・F・不二雄SF短編

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.