クロス探偵物語

【クロス探偵物語】「依頼者」の登場人物

投稿日:

依頼者

名前不明。恋人の涼子が依頼人であることを確認するため依頼。当初は友子に拒否されそうになったが、剣が気になり話しを聞く。
オートバイが好きで小学校からのもの。
2年前の春、大学に合格したことによって東京へ住む。アルバイトがしたことがなくバイク屋で働く。
免許を取り友人ができた。
8月、鬼押しハイウェイにてタイヤがパンクして立ち往生していたところ涼子と知り合い助けられる。3人の男たちとオーナーと知り合う。
タイヤ交換をしたほうがいいとオーナに言われるも遠くであり涼子との協力でタイヤ交換ができた。
冬休みにも会いお互いに楽しんだ。ところが、春休みになると涼子はやせて前のほうがいいと依頼者が言うと寂しそうな表情を見せた。
夏休みになると涼子が拒否したため様子がおかしかったものの涼子の父親は説明を拒否した。しばらく経ち、涼子の父親から「涼子が病院に入院している」ことを聞いて涼子が入院しているサナトリウムに行く。
涼子と会い涼子に星空を見せて涼子は息を引き取った。しかし、涼子は「宇宙人」と言い始め亡くなった。
冴木探偵事務所に向かい涼子が宇宙人と思い込み剣に話すと「涼子の真偽を確かめることが馬鹿げている」と言って拒否され友子から「悲しませたくないから」と推察した。
なお、依頼者は冴木探偵事務所に来る際、雨具無しで来た異様さを出す。

山根涼子

ロッジ山根の看板娘。赤い外車の四輪車を愛車としている。
夜空を見るのが好き。
2年前の夏にタイヤがパンクして立ち往生していた依頼者と知り合い助ける。
依頼者と仲が良くなりタイヤ交換にも協力する。冬休みも仲が良かった。しかし、ガンを患っており春休みで体がやせた。
夏休みで姿を消してサナトリウムに入院。依頼者に星空が見たいと言って連れて行かれ星空を見て「私は宇宙人」と言い始め亡くなった。

オーナー

ロッジ山根のオーナー。

3人組

ロッジ山根で依頼者と知り合った男たち。
依頼者はあまり3人組をあまりよく思っていないが、3人組は朝食を準備したりする。


スポンサードリンク

-クロス探偵物語

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.