巨人の星

【巨人の星】伴「何がクリスマスじゃあい! ちくしょおおおおおお!」

更新日:

概要

アニメ「巨人の星92話「折り合わぬ契約」」にあったセリフである。漫画にはない。

経緯

これは星飛雄馬がオズマに「野球ロボット」と言われて青春を送ってきた人たちと違い自身は野球に人生を捧げてきた。
言葉が重く、飛雄馬は人なりのことをしたくなった。
TVに出演、遊びまわったり、ついにはクリスマスをやろうとした。
が、伴宙太は以前の飛雄馬に戻って欲しいと説得したが、聞き入れずついには

「何がクリスマスじゃあい! ちくしょおおおおおお!」

と、叫び走って去った。
ライバル花形満、左門豊作(左門は行く気があったもののライバルとして断った)に手紙を送ったが、断れた。もっともライバルに来させようとするのは、どうかしているが。
で、クリスマス当日。誰も来ず。
左門と花形は手紙で断り、姉である星明子は来てくれるかと思ったが、手紙が来て拒否された。
そして、オズマの言葉が頭の中から聞こえて、自身が用意した会場を泣きながら破壊していく。
これにより「折り合わぬ契約」は別名「一人クリスマス」と呼ばれる。

余談

ちなみに、柳田理科雄は「ケーキ等の準備だけで約88万円、窓ガラス等の賠償が約31万円、合計119万円。これはテスト入団二年目の選手の年俸が約300万円で、4割消費したことになる」。
やったらだめだろ。


スポンサードリンク

-巨人の星

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.