アルセーヌ・ルパン

【ルパンシリーズ】パール・イ・ヴァ荘の登場人物

投稿日:

カテリーヌ

ルパンにあったラジカルテ村の住人でパール・イ・ヴァ荘に住む。
姉の結婚後、パリで自由な生活を送っていたがバーム伯爵との結婚話が破談してパール・イ・ヴァ荘に戻ってきた。行方不明となっていたがルパンが発見(村では死んでいると思われていた)。
何者から命を狙われている。

ベルトランド

カテリーヌの姉。未亡人。
夫ゲルサンと共謀してミシェルの黄金の作り方を知ろうとしたが見つからず土地がカテリーヌに預けられることを知ったため不利となるため夫に隠すことを頼んだ。
ルパンはゲルサンの不可解な行動を知りベルトランドが共謀していることを看破した。

ミシェル=モンテシュー

68歳。カテリーヌ、ベルトランドの祖父。故人。
遺言書に錬金術で金作成に成功し隠したと書いてベルナールの金庫に預けようとしたが何者かに秘密裏で金庫に隠された。遺言の下には謎の数字が記されていた。

ゲルサン

ベルトランドの夫。商人でアメリカへ行っていたが戻ってきた。カテリーヌを探していたが鳩舎で何者かに殺された。
死ぬ前の日、ホテルの宿帳にゲルサンと他の女のサインが記されており不可解な行動がある。
実態は妻と共謀して遺言状を盗み砂金作成の方法を知ろうとしたのだ。しかし、わからず遺言状が自分たちに不利な点になると見て隠すことにした。
死亡した真相は鳩舎にしかけられたミシェルの罠が発動して銃殺された。

シャルロット

使用人。カテリーヌがいないことを最初に気づく。
正体はアーノルドの共犯者。二人は金粉を狙うため誰も見ていない城館へ移動したが待ち伏せしたルパンにより銃で怪我されて捕まった。
善人でアーノルドに殺人を犯させたくなかったと同時に愛していた。

アーノルド

ミシェルの代から長く使えている使用人。
その正体はカテリーヌやルパン殺害未遂を企て、カテリーヌの偽装したいを作成した真犯人。シャルロットともに金粉を探そうとしたがルパンにより銃で怪我をされて捕まった。
ミシェルが錬金術ではなくどこからか黄金を取ってきたのか知っている。シャルロット、ベルトランドを恐怖させて城館から追い出す計略を立てていた。
ルパンたちの取り調べで自分たちの計画を認めたが、、シャルロットが自身を愛していたことに気づき泣き崩れた。

ピーエル=ド=バーム伯爵

貴族。カテリーヌとの結婚が約束されていたが母に別れさせられた。

バーム伯爵老夫人

血統主義の貴族。バーム伯爵とカテリーヌの結婚が平民との結婚であることを忌み嫌い別れさせた。

ボーシェルのばあさん

木こりの息子ドミニクが切れた木に倒されて死んだ影響で森をさまよう老婆。
「三つのシャウル」とよくわからない言葉を言っている。
ルパンたちはシャウルの意味が分かりばあさんが正気に戻ってきたのを知って待っていたが脚立から落ちて死亡した。
黄金のありかを探そうとしており川周辺を探していた。
ルパンの調査によると二人とも事故死。

ファムロン

公証人事務所書記だが莫大な金を持つ。酒好き。
ミシェル死亡でミシェルの遺言状をミシェルの金庫に入れてほしいと謎の男に頼まれたがしぶったものの報酬で2万フラン渡され応じた。
なぜ、持っているのかルパンが気になり酒を使われても口を割らなかったが何度も来てついに口を割る。
謎の男の正体はゲルサン。2万フランとの取引で10m先にゲルサンを追う大きな帽子を被った男が見えたもののゲルサンは無視して取引した。

ベルナール

事務所所長。ファムロンが隠していた遺言状をモンテシュー家で知らせることにした。

用語

パール・イ・ヴァ荘

ラジカルテ村にある城館。19世紀にル・アーブルの船主に買われミシェル=モンテシューが育った。
が、ミシェルの妻と娘が亡くなって行く。
現在はベルトランドの家族が住む。

三つのシャウル

ボーシェルのばあさんがいうよくわからない言葉。
意味は「三本ヤナギ」のことをさしそこはローマ人の丘。だが、ヤナギを植えたのが誰なのか不明。
植えたのはドミニックで黄金のありかを探そうとした。

ミシェルの遺言

ベルナールの金庫に存在した遺言。それは3万5千フラン相当の錬金術で作り上げた砂金がパール・イ・ヴァ荘にあることをしるしていた。
川の大部分はカテリーヌ、砂金はベルトランドにあげるとした。
だが、遺言の下には314516913141531011129121314と数字が羅列していた。正体は「3、9」をとっての「3月と9月」。つまり、オーレル川で黄金が取れること。

黄金の所在

物語の根幹をしている黄金の所在。
ミシェルは錬金術で砂金を作ったとされるがこれは違うとされた。オーレル川に3月と9月で砂金がやってくる。ただし、周辺に金鉱は無い。
真相は古代ローマの古墳の中にあった黄金で地震で川底へと沈み黄金が流れていった。
黄金はルパンとベシュ―が発見し姉妹に分け与えられることになった。


スポンサードリンク

-アルセーヌ・ルパン

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.