アルセーヌ・ルパン

【ルパンシリーズ】奇巌城の登場人物

投稿日:

ジェーブル伯爵家

邸宅は昔アンブルメディの僧侶が住んでいたがフランス革命で子合されジェーブル伯爵が買い取り20年も買い取り現在に至る。
先祖のボバドイラ侯爵はスペインから持ってきた有名画家が描いた絵が何者かに盗まれた

レイモンド

二年前に両親が死亡しジェーブル伯爵に引き取られた。
捜査の最中、行方不明となる。ボートレルの懸命な捜査で発見された。が、レイモンドの正体はルパンの妻だった。
ショムルスとの銃撃戦の中で死亡。

セザンヌ

ジェーブル伯爵の娘で、レイモンドの従妹。

ドバル

書記。何者かに短剣で襲われて傷を負う。
何かを狙っており紙を奪ったとしてボートレルを襲い紙を切れを奪う。

ビクトール

使用人。犯人を取り押さえようとしたが逃げられた。

アルベール

見張り番。

ボバドイラ侯爵

スペイン貴族でジェーブル伯爵の先祖。

イシドール・ボートルレ

ジャンソン高等学校の生徒でルーアン日報社で働く青年記者。事件の捜査に協力し4枚の絵画が偽物と見破った。
非常に怪しまれており判事やガニマールから捜査の対象にされている。
ドバルに重要と思われていた紙切れを奪われ、ルパンと戦うと決めたらルパンと名乗る男があらわれてショムルスとガニマールのように誘拐すると脅迫して屈しなかった。
クリューズ城までゆきレイモンドを発見したが、ルパンからクリューズ城まで案内されて宝を見た。しかし、警察との銃撃戦が起きてレイモンドが死亡し復讐にかられたルパンがショムルスの首を絞めるのビクトワールとともに止めた。

シャレル

グシオン村に住む老人。手がかりをしる重要人物と目されていたが何者かに殺された。

バルメラ男爵

クリュ―ズ城の持ち主だが家は別にある。ボートレルに城を案内させたがそこにショムルスとガニマールがおらずレイモンドしかいなかった。
正体はアルセーヌ・ルパンでレイモンドはルパンの妻だった。

ヴェンヌ男爵

ルイ14世に鉄仮面を被せられ牢屋に入れられた大尉の子孫。

マッシバン博士

ボートレルに協力する科学者。
正体はアルセーヌ・ルパン。

用語

エイギュイユ・クリューズ城

クリュ―ズ県にある古城。持ち主はバルメラ男爵だが家は別にある。
この城の地下にはフランス王家の宝があり当初はここに住むと思っていた。しかし、レイモンドと結婚して捨てることにした。

5行の暗号

事件を解くカギとなっている暗号。
真相はこう。
1.エトルタの下手
2.令嬢室
3.フレオッセの砦の下
4.(ただし、他の行と違い変わっている。)
5.エイギュイユ・クリューズ


スポンサードリンク

-アルセーヌ・ルパン

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.