アルセーヌ・ルパン

【ルパンシリーズ】戯曲の登場人物

投稿日:

グルネイ=マルタン

シャムラーヌ城館に住む資産家。ずる賢く金を集めて現在の地位を得た。
ルパンから宝冠と他の品々を盗む手紙が送られ恐怖した。しかし、警察は頼りないとしてルパンを自分の手で捕らえることにした。7人の兵隊を呼びだしたがそれらはルパンと部下たちで多く盗まれてしまった(宝冠は盗まれていない)。
3年後にシャルムラースがソーニャを連れて帰ってきたり、車を買いに来たシャロレイと息子たち(三男がマルタンの城館で窃盗を起こしたがシャルムラースに取り押さえられた)。第二のルパンの手紙が来てパリの本館が狙われることだった。パリの本館へ行くが何者かが盗みに来て捕まえたがその隙に車が盗まれついには物を盗られた(しかし、金庫にてはつけられていなかった)。
警察に宝冠を守るよう指示した。が、ルパンは厳重な中で盗んだのであった。

ジェルメーヌ

マルタンの娘だがわがまま娘。かつてシャルムラースと結婚の話が合ったものの破談している。
ソーニャが自分より美しいと嫉妬しており犯人仕立てようとした。

ジャック=シャルムラース公爵

28歳の青年貴族で本来の城館持ち主。スポーツと冒険好きで貴族の生活を嫌いマルタンに館を売り渡した。
難局に冒険していたが、ルパンに宝を盗まれた城館から3年後にソーニャを連れて帰ってきた。マルタンを守ったり、警察を呼んだりした。
宝冠を守ることで警察と協力したがゲルシャールとソーニャのことで衝突したり不可解な行動を起こしたりして疑われた。
その正体はアルセーヌ・ルパン。
本物は南米の小さな島で重病を患い死亡。3年前のルパンとシャロレイ親子での城館の窃盗で肖像画がルパンとたまたま似ていることを知りルパンは南極でシャルムラースと会いほれ込まれて助けた。
南米で死去した後はルパンが医者を呼び証明を書かせルパンはソーニャを連れて公爵が8年ぶりに帰ってきたと見せかけた。

ソーニャ

ロシア人で孤児。父はロシアの革命党員でシベリアに流され死去。母はパリで生活するも苦しくなり死去しシャルムラースに拾われて生活している。
美貌の持ち主だがジェルメーヌから嫉妬されており犯人にし立てられそうになったり、警察からソーニャが来てから物が盗まれる事件が多発しておりルパンの共犯と見られて逮捕されたが何者かの手により外出してしまった。
ホテルに隠れていたがゲルシャールに見つかり逮捕されてルパンが持っている宝冠と銃、身柄確保の道具として使いルパンはおうじて解放された。

シャロレイ

ブドウ酒製造業者。4人の息子を連れている。
ジョン・ド・ヌール勲章を授与されている。広告を見て車を買いに来た。が、三男ベルナールが物を盗んだたためシャルムラースに取り押さえられた。
ベルナールはマルタンの使用人として働く。
じつはルパンの手下。

フィルマン

猟場番。マルタンに第二のルパンの手紙がどこから来たのか問われた。

ゲルシャール

警察部長にしてパリの名刑事。ルパンのライバル。
第二のルパンの事件で遅れて登場。ホルムリィでも見つけられなかったビクトワールを発見し尋問しホルムリィの所へ護送した。
シャルムラースと推理合戦をしたりした。ソーニャを怪しみ逮捕したが逃走を許してしまった。
だんだん周りが信用できなくなり確実に白なマルタン一家や仲間である警察すらも「ルパンの一味」と思ってしまう。
シャルムラースをルパンと疑いすりかえたのを見て逮捕に踏み切った。
ソーニャを逮捕してルパンが持つ宝冠と銃、ルパンの身柄を条件にソーニャを解放させることにした。これによりルパンは逮捕したが、ルパン自力で解除して偽爆弾を使われて宝冠とルパンが逃げてしまった。しまいにはゲルシャールに変装したルパンが若い警察たちに命令してエレベーターにおりてきたゲルシャールこそがルパンと話してルパンは逃げ切った。

ホルムリィ

予審判事。
警察の署長とともに第二のルパンの事件の捜査をする。

ボナパン

ソーニャの護送を任された刑事だったがソーニャを逃すようルパンに許可証を見せられ外出させた。
ポーターとしてルパンたちに近づこうとしたがバレてルパンに捕まる。

ジュウジイ

ボナパンの同僚。

用語

宝冠

マルタンが所有する王冠。かつて王宮一の美人であったランバール公爵夫人に起きた悲劇があるらしい。
ルパンが狙おうとしている宝。
第二の事件の後、厳重な監視下に置かれていたがルパンはまんまと盗みすりかえた。

ルパンの手紙

ルパンが城館に送った手紙と思われるもの。

第一のルパンの手紙

城館にある宝を盗み来た。結果、宝冠以外の宝が盗まれた。この時、ルパン一味は公爵の肖像画がルパンと似ていることを利用して次の窃盗計画を立てた。

第二のルパンの手紙

3年後、ルパンがふたたび城館へ手紙を送った。しかし、ゲルシャールは雑な部分があるとしてルパンではないと判断している。
これも手紙である。


スポンサードリンク

-アルセーヌ・ルパン

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.