アルセーヌ・ルパン

【ルパンシリーズ】金三角の登場人物

投稿日:

人物

コラリー

看護婦。エサレ死亡後、看護婦長となる。
母はルイーズ=コラリー=オドラビッチ伯爵夫人で1895年4月14日に死亡。夫はエサレ。
20年前に母が亡くなり形見のコンタツや宝石を持つ。
大佐たちにさらわれそうになったがベルバルに救われた。
夫がスパイと知っており苦しみ自殺を考えたことがある。夫に愛情は無いと知っていた。

パトリス=ベルバル大尉

コラリーの世話になった軍人。7人の部下を連れている。
父はアイマン=パトリス=ベルバルで1895年4月14日に死亡。
何か因縁がありコラリーを助けて行く。大スパイ団の存在を知りデマリヨンとともに戦う。

ヤボン

黒人兵で片腕しかない。ベルバルの部下。力は強く殺しかねないためベルバルから注意されている。
気が動揺すると「ヤボン」しか言えない。
ブレンナと親交がありベルバルを助けるために頼んだ。シメオンを捕まえるために激闘したが死亡。しかし、シメオンの方も体に多大なダメージを負う。

大スパイ団のメンバー

ムスタハ=ロバリオ

コラリーを大佐と言う人物の命令でコラリーをさらおうとしたがベルバルたちに捕まった。
ヤボンの監視下で監禁されたがヤボンが寝ている時に何者かに殺された。

ファキー大佐

ロバリオに命令している人物。
三億フランの金貨を隠したエサレを捕まえて秘密を破壊出せようとしたが、なかなか答えず短剣を使おうとした。しかし、エサレはすばやく銃をとり大差を射殺。

ブルネフ

大佐の四人仲間の一人。大佐が死亡し大佐の指揮を引き継ぐ。
エサレから秘密金庫の詳細を知り金庫をひらき四百万フランお金を持って大佐の死体を持って逃げた。

エサレ=ベイ

財界で有名な銀行家。既婚しており妻はコラリー。秘書にシメオンがいる。
フランス人ではなくトルコ人
三億フランの金貨を隠してしまい大佐に捕まりコラリーの居場所を吐くよう拷問にかけられた。
正体はスパイ団のメンバー。コラリーも知っておりフランスにいながら国を売る行為に怒りをあらわにしていた。
病院へ入院し元気になっていく。中庭で死体となって発見されたが、それはシメオンでありエサレはシメオンとして生きていた。アイマン、ルイーズを殺そうとした張本人。
病院でブレンナたちに追い詰められたエサレはコラリーと三億フランを盾にするがすでにルパンが回収して意味が無くルパンに処刑されるより自殺を選べとして震えながら自らを撃ちぬき自殺した。

シメオン=ジオトギス

エサレの秘書。コラリーの送り迎えをする。かつてはエサレが住んでいた館の前の管理人。
ベルバルの父アイマンの親友で館はアイマンの物でシメオンがアイマンの遺言で買い取った。遺言に従いイギリスにいたベルバルに20万フランの金を渡し続けた。
エサレの死を何故か喜んでいた。
父や母の親友でありながらベルバルとコラリーを罠にはめて殺そうとしたが、ブレンナに助けられた。グレゴアールを使いコラリーをさらう。
正体は死んだはずのベルバルの父で本名はアイマン=ベルバル。バシュロウに自分が死んだことを隠すようたのみアイマンが死んだことにしていた。
ヤボンとの激闘でヤボンを殺すが、体に多大なダメージを負っているので苦しみベルバルにわけを話して誘導したがベルバル、ブレンナをまとめて殺すため墓に入れて毒ガスで殺そうとした。バシュロウが来て自分の秘密を知るとして銃をもらい射殺。
脱出したブレンナたちが先回りして医者としてシメオンの前に待ちシメオンの正体をルパンが看破した。
本物のシメオンはエサレ=ベイとしてエサレに殺害され、現在のシメオンはエサレ=ベイだった。

グレゴアール

エサレが電話越しで話していた女性。コラリー誘拐のためコラリーに近づき誘拐した。
シメオンに殺害された。

アメデ=バシュロウ

ギマール街パッシー大通りの古アパートの管理人でシメオンの友人。
ベルバルの出生の秘密を知っておりベルバルとブレンナが来てそのことを話す。シメオンにアイマンが生きていることを黙ってほしいと頼まれて黙り通していた。
シメオンへ会いに来たが銃を貸してほしいと頼まれ銃を貸したら秘密を知っているので射殺された。
シメオンがエサレと言うことを知っているスパイの仲間。

デマリヨン判事

警察。エサレ死亡事件を捜査する。
大スパイ団を追っておりコラリーを守るベルバルと協力して追う。

謎の電話

ベルバルにかかった電話。警告を言おうとしたが何者かに殺された。
正体は生きていたアイマンで殺したのはエサレ。

パトリスとコラリー

館にあった墓。1895年4月15日に殺害され復讐を誓う墓。
コラリーとベルバルは自分たちと同じ名前が刻まれているのにゾッとした。正体はベルバルの父アイマン、コラリーの母ルイーズのもの。
アイマンとルイーズは愛人関係であった。
が、アイマンは生きており謎の電話の正体であった。

ドン=ルイス=ブレンナ

ベルバルとコラリーを助けた人物。二人とともに大スパイ団に戦いを挑む。
正体はアルセーヌ・ルパン。

ジュデラック博士

病院の医者。しかし、ルパンが変装しシメオンに先回りして待っていた。
本物のジュデラック博士はコラリーの治療に当たる。

用語

大スパイ団

フランスから10億フランの金を流す組織。

三億フランの金貨

エサレが隠した金。ルパンが回収しフランス政府に渡した。

金三角

紙片に書かれた謎の言葉。三億フランのありかを示す。
意味は砂の上だった。

紫水晶の玉

エサレが持っていた玉。

赤いひも

ロバリオ殺害、エサレの拷問、シメオンを縛るのに使われた道具。


スポンサードリンク

-アルセーヌ・ルパン

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.