アルセーヌ・ルパン

【ルパンシリーズ】ジュスタン=ガニマール

投稿日:

概要

初登場:アルセーヌ・ルパンの逮捕
他:獄中のアルセーヌ・ルパン、アルセーヌ・ルパンの脱獄、黒真珠、金髪の美女、ユダヤの古ランプ、奇巌城、赤い絹のスカーフ、地獄の罠、白鳥の首エディス、大財宝
ルパンを執念深く追うフランスの老刑事。絶対に逮捕すると宣言している。
ルパン一味の身辺を良く知っており第二の妻ソーニャ、乳母のビクトワールも知っている。
最初にルパンを逮捕したため名探偵と称えられ名が上がりやすい人物となっている。
ルパンから協力を持ちかけられたときは複雑な心境をしていた。
弟子にベシュ―がいる。
ルパンと協力した回数のあるベシュ―と比べ終始ルパン逮捕に尽力していた。

活躍

怪盗紳士

「アルセーヌ・ルパンの逮捕」で船が出航する前の月にニューヨークで犯罪の捜査が終わりルパンが来るのを待った。船から出てきたダンドレジーのことルパンを故人の証明書を使ったことや右腕に傷があるとして逮捕。
「獄中のアルセーヌ・ルパン」ではカオルン男爵にルパン逮捕協力を頼まれたが特別休暇をもらっており休みたかったが協力することにした。カオルンに協力したがルパンにまんまと盗まれてしまった。
サンテ刑務所にいるルパンに会いルパンから脱獄してガニマールの助手として入り盗んだと話す。しかも、何気も無く刑務所に戻ってきたという。しかも、盗んだ宝物はガニマールが10万フラン払い返したという。
「アルセーヌ・ルパンの脱獄」では裁判に参加。見ていいく内にルパンが替え玉を使い脱獄しているのを理解して裁判の中止をとなり替え玉を逃した。が、すべてはルパンの芸でルパンン本人を逃してしまい取り押さえようとしたが柔道で軽く倒された。
「黒真珠」では老未亡人の捜査をする。

ルパン対ホームズ

金髪の美女

部下を連れて50万フランの取引でルパンを待ち受けていた。が、ルパンはどこにもおらず居場所を知った教授を逃してしまった。ルパンのいる館を取り囲むがすでにどこにもいなかった。
続くドウトレックの館で起きた死体が消えた事件を捜査しルパンがいるとにらみ共犯はアントワネットと見た。
青ダイヤモンドが競売にかけられた場所で金髪の女性がエルシュマンに手紙を渡しているのを目撃。エルシュマンはガニマールに手紙を渡し内容は青ダイヤモンドの呪いであった。
クロンゾ伯爵夫妻、レオンス、ジェルボア教授の4人を呼び今までの事件の関連性について話し合いに今までの事件に重要人物である金髪の女性レアル夫人を連れてきたが全く違う人物だった。
ルパンから挑発の手紙が来てショルメを呼びだすことにした。
ショルメがルパンを追い込み逮捕したが余裕で手錠を外したりして抜け目がなく新しい手錠もしたが逃げられた。

ユダヤの古ランプ

ショルメとともに古ランプを追う。

告白

「赤い絹のスカーフ」では犯罪の臭いがして追いかけたらルパンだったのでルパンにベルヌ街のアパートで起きた殺人事件をともに解こうと提案されて考えた。犯人は捕まえたがルパンが宝石とスカーフを持ってしかも挑発してきて怒り逮捕しようとしたが逃げられた。後に謝罪文が来た。
「白鳥の首エディス」ではインド出張から帰ってきた。パルミエント大佐自殺と絵の盗難事件を捜査する。当初はルパンと思われていたが大差を自殺に追い込んだルパンがとてもそうには思えず疑問視する。リールに行きこの事件はルパンに夜自作自演で大佐の死は偽装死だった。捕まえようとしたが応接室にマイクがあったことを知らず会話は全て筒抜けでルパンの部屋には紙が置かれておりガニマールに対するほめ言葉であった(ガニマールは非常に怒っていた)。
「地獄の罠」ではニコラ死亡に調査する。

奇巌城

伯爵家で起きた窃盗事件の捜査をする。ルパンのいるクリューズ城に部下を呼び入った。

大財宝

ルパンを相変わらず追っている。ルパンが死んだ報道を聞いてまったく信用せず生きていると確信していた。


スポンサードリンク

-アルセーヌ・ルパン

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.