アルセーヌ・ルパン

【ルパンシリーズ】エルロック・ショルメ

更新日:

概要

登場:遅かりしシャーロック・ホームズ
他:金髪の美女、ユダヤの古ランプ、813、奇巌城
ロンドンで有名な探偵。ホームズと違い機械的で変人らしさが微塵もない。ホームズが探偵をやっている最大の理由「謎」に興味が無い。
本来ならばホームズと表記する部分を全てショルメとする。

誕生経緯

ルブランの書いたホームズがあまりにもにていないとドイルに怒られて作られたキャラクター。つまり、ホームズの代用キャラである。
日本のルパンシリーズはフランスと違いショムルスに置き換えられていない。
おそらくだが、日本のホームズが原作のホームズと違って変人じゃないのはショムルス影響か?

ウィルソン

金髪の美女に登場したワトソンの代用。ショルメの盟友。

活躍

「遅かりしシャーロック・ホームズ」

ドワンヌに呼ばれてイギリスから来た。逃げているルパンと偶然会いあいさつをする。ドワンヌと会い一時はルパンを探すため帰ろうとしたがしかたなく城を調べる。ルパンに負けて悔しかったりしている。
本当のホームズなら次にルパンに勝てるよう調べたりして「次は勝つ」と思いをはせてルパンが作る面白い謎を解こうとするだろうな。

ルパン対ショルメ

「金髪の美女」

ガニマールから呼びだされウィルソンとともにルパン、ルブランとともに一同が食事をする。この時は逮捕しなかった。ドウトレックの空き家でルパンを待ち伏せしたがあらわれたのはやってきたのは偽の手紙で来たウィルソンの方で二人は袋の鼠となった。
続く調査で馬の罠にかかりルパンの3人の部下を打ちのめしたがウィルソンの腕が骨折した。
調査によりデタンジュとその娘クロチルドがルパンの協力者でクロチルドが金髪の美女とわかった。クロチルドに殺人事件について追及し無罪放免にするならショルメについていけば無罪放免にすると言った。タクシーに乗ったがそれはルパンが運転するタクシーでルパンの船に乗せられイギリスに送り返されそうになった。抜け出しルパンと戦い勝利しガニマールが逮捕した。

「ユダヤの古ランプ」

古ランプをもつタンブルバール男爵夫妻に依頼されふたたびフランスへ行く。家庭教師のアリスを疑ったが違った。この事件はルパンではなくブレンソンが男爵の妻ジューザスを脅して盗んだ事件と解いた。解決後、ルパンと会い仲良くなった。

「813」

ドイツ皇帝カイゼルに謁見する。古城の秘密書類を見つけようとしたが見つけられなかった。

「奇巌城」

シェーブル伯爵に呼ばれて捜査する。クリューズ城でルパンに銃を向けて動くなと言ったがルパンも銃を向けてルパンから発砲して腕にあたり発射許可を出す。が、無関係なレイモンドを射殺してしまい呆然となり激怒したルパンに絞殺されそうになったがボートレルに止められた。

「最後の恋」

カーベットと組んだことがありその時に「ルパンと戦うう場合は負けると思え」と警告した。


スポンサードリンク

-アルセーヌ・ルパン

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.