アルセーヌ・ルパン

【ルパンシリーズ】テオドール=ベシュ

投稿日:

概要

初登場:ジョージ王のラブレター
他:バカラの勝負、金歯の男、12枚の株券、白い手袋…白いゲートル…、「ベシュ、ジム・バーネットを逮捕す」、謎の家、パール・イ・ヴァ荘、大財宝
バーネットの親友で刑事。ルパンから実力は認められており依頼人に勧められるほど。
難しい依頼をバーネットに任せるがバーネットが報酬をもらっているのを見て「自分がいいように利用されているように見える」といらだっていた(金歯の男)。しまいには信用できなくなった(12枚の株券)。
フランス語版「ベシュ、ジム・バーネットを逮捕す」では昇進する。
ルパンを何度も見ているため人相や特徴もわかっており再び見ても即看破可能。
妻にオルガ=ボーバンがいたものの仕事を優先してしまいすぐ離婚した。
ある意味では警察の中でルパンと協力関係を築けた人物。

活躍

バーネット探偵社

バーネット探偵社に難しい依頼をバーネットのことルパンに任せている。この経緯があってルパンとの関係がある。

謎の家

連続誘拐事件の捜査をする。ルパンにやられておりデヌリがルパンと看破していた。
一連の事件の黒幕ファジュロ、マルタンとその父親の逮捕にルパンが協力するのでベシュウも協力に出た。
バルネリィ一族をルパンの協力で逮捕してルパン逮捕に出るが屋敷のからくりを利用され逃げられた。

パール・イ・ヴァ荘

ルパンに電話をしてラジカテル村で起きた事件の解決に協力してほしいと頼んだ。解決し黄金を見つけてルパンを見逃した。

大財宝

マフィアノを追い捜査していた。その最中、マフィアノに狙われているベルモン、パトリシア、ロドルフと会い彼らを助ける。
マフィアの会議で部下たちとともに駆けつけてマフィアとルパンを逮捕しようとしたがルパンは軍隊並みに強力なメスの虎サイダを呼びだしうかつに近寄れなくなった。


スポンサードリンク

-アルセーヌ・ルパン

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.