アルセーヌ・ルパン

【ルパンシリーズ・ネタ】凶悪犯BEST7

更新日:

概要

ルパンには多くの悪党が登場する。とりわけ強烈な犯罪者をあげてランキングにしてみた。

1位L・M

登場:813
殺人魔で大勢人間を殺しまくった。兄や妹(兄、姉と比べて善人)を殺しても意に介さずまさに血も涙もない。

2位ジャン・ベルノック

登場:虎の牙
恐ろしい知能犯で口で相手を動かし二人殺され三人破滅させた。

3位アルセーヌ・ルパン

登場:全て
大規模な窃盗だけをした。時にはフランスのために守っている。窃盗が目立つため「愛国無罪を勝ち取っているのでは?」と思ってしまう。

4位アレキシス=ボルスキー伯爵

登場:三十棺桶島
家族と一緒に島民虐殺。

5位エサレ=ベイ

登場:金三角
仕事を終わらすために多くの人間を死に追いやった。

6位エルマンス

登場:八点鐘「斧を持った貴婦人」
短編の中で最も恐ろしい人物。気が狂った老婆で「娘たちの敵討ちと言って」と全く無関係な女性を6人を殺害する

7位カリオストロ伯爵夫人

登場:カリオストロ伯爵夫人
大女賊。若い時のルパンのライバル。ただし、善意が残っている部分がありL・Mと比べて凶悪と言う感じが薄い。


スポンサードリンク

-アルセーヌ・ルパン

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.