009他の登場人物

【サイボーグ009】未来都市・スフィンクス

更新日:

登場:「未来都市編」

概要

アメリカのロサンゼルス郊外にあるモアベ砂漠に位置するドーム都市。
人口1万2千人、半径5km。
エッカーマン博士が人類増加により新たな居住地を想定して作った都市。それも、長い年月をかけて作った。
ネオ・ブラックゴーストは未来都市が欲しくて攻め込むも阻止された。

エッカーマン博士

未来都市を作った博士にして市長。表情はデフォルメした石ノ森章太郎。
息子にカールがおり、妻はカールが子供のころに亡くなっている。
スフィンクスの設計の他、心理回路のプログラミングを任されていた。
00ナンバーズたちがネオ・ブラックゴーストの残党を撃退したことに喜んでいた。
スフィンクスが003を求めたいのを知りそれが厳しく育てた反動であるとさとり後悔した。

カール・エッカーマン

エッカーマン博士の息子でプログラマー。009と顔つきが似ている。
スフィンクスの人格の基となっている。

スフィンクス

未来都市を守るコンピュータ。ロボット、施設、機械の管理を任されている。人格はカール・エッカーマンを基にしている。
心理回路を持ち
00ナンバーズを名誉市民と認めるさいに指紋をとろうとしたが、003にほれてしまい003以外の00ナンバーズに攻撃を開始する。003の本命が009であるとしり009のみしぼり攻撃開始。
003を病院で監禁し病院をガードマンロボットで守っていた。
解放された003とエッカーマン博士の説得で自分のしでかしていることを悔やみ47番記憶用磁気コアを過熱させて消去させた。
諦めたと思ったが、未来都市の地下で密かに003と009のクローンが作られていた。


スポンサードリンク

-009他の登場人物

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.