009ネタ

【サイボーグ009】加速装置

更新日:

加速装置とはマッハで動く機能を持つ機械。これを内蔵したロボットはすばやく動いて敵をしとめることが可能。
あたからみたら「つむじ風が吹いた」に見える。使用者側は相手が止まって見える。
同じ加速装置持ちが戦った場合、お互いに持てる力を使って戦う。
性能によっては低いマッハを出すことしかできない(003はマッハ5、大型の0013はマッハ1まで)。0013やバン・ボグートは分身を出すことも可能。
加速装置をする前に物体を持って移動することはできる。しかし、人間は不可能(「暗殺編」)。
使っているロボットは限られており00ナンバーサイボーグは2体、0010、0013、ブラック・ゴーストでは大幹部クラスとミュートス・サイボーグ3体。
「凍った時編」では009の加速装置がオーバーホールして一か月も加速した世界にいて苦しむことになる。

対処法

非加速装置持ちが戦った場合、防戦一方だが加速装置が出す特徴的な音を頼り攻撃することは可能(「暗殺編」のレントゲンはこれを頼りに攻撃したが間違えて0013を攻撃。「地下帝国ヨミ編」では004が音を頼りにバン・ボグートをしとめた)。
隙を突いて加速装置がついている片方の足を攻撃して怖し相手が知らず加速装置を使って殺すことも可能(「ミュートス・サイボーグ編」のパンがアキレスの片足を攻撃した)。

使ったもの

009
003
0010兄弟
0013(小型と大型も)
スカール
バン・ボグート
アキレス
アポロン
ライオン顔のミュートス・サイボーグ
ディノニクス
スクルト、ヴェルダンディ、ウルト


スポンサードリンク

-009ネタ

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.