009ネタ

【サイボーグ009】私的な考察「天使編はこうすればよくない?」

更新日:

これは、個人の考察であり間に受けないでください。
私は天使編を神々との戦いではなく、クズな宇宙人との戦いでいいと思っている。

1.キャラクター
天使
クズな宇宙人。自分たちの脅威となる宇宙人の星に対して大ウソを言って侵略を開始(例:自分たちは万物の創造主(嘘))。
滅ぼされた惑星は多い。
母星に天使たちを強力な超能力者にする装置がありこれを破壊しなければいけない(電波妨害されると使えない。ただし、電波が濃い場所では無意味)。

反天使連合
天使たちに反旗をする宇宙連合。互角の戦いを繰り広げている。天使たちの戦いで地球が巻き込まれてしまい00ナンバーサイボーグをスカウトする。
フルル人も参加。
連合の首領はサンジェルマン伯爵。

00ナンバーサイボーグとギルモア博士
地球にいるサイボーグと科学者。001による強化なし。天使たちによる侵略に抗うも小さかった。反天使連合がサイボーグたちと協力し戦う。

地球人
地球人はルメル星人が改造した物とする。
古代フルル人により宇宙において地球人がルメル星人による改良種であることは知られている。興味を抱いて1000年前の地球に来る異星人の数は多かった。

2.構成
2-1.序盤
天使編の最初と同じぐらい。ただし、途中で反天使連合が介入し天使たちを攻撃する。妨害電波を使われて超能力を使えなくなる天使たち。00ナンバーサイボーグは反天使連合の存在を知り彼らと協力し戦うことを決意した。

2-2.中盤
天使たちの母星で激闘を繰り広げた。00ナンバーサイボーグは反天使連合によりコントロール装置まで近づけた。強力な超能力を持つ天使と戦うも勝利しついにコントロール装置を破壊した。
これにより、天使たちの超能力は無効化された。しかし……。

2-3.終盤
コントロールする装置が無くなった天使たちは超能力を失い何もできず追い回され虐殺されて行く。
004も無抵抗な天使の虐殺に参加するも009に止められた。それは、「無抵抗な生物を撃つのよくない」ことだった。しかし、004は「地球人をただ“危険”という理由で侵略してきた連中を皆殺しにして当然」と言い争いなった。
そんな時、無抵抗な天使たちが強固なシェルターに隠れているのを001が知り009に彼らをおびき出すよう命令した。009は断るも001から「生き残った者たちが再編成して再び地球人を虐殺してくる可能性がある。滅ぼされた惑星が存在する以上、全ての天使を死滅させる必要がある」。
009は行こうとするも003が来てともに説得に行こうとした。最初は疑われるも何とか説得に応じてシェルターの入り口が開かれた。が、隙間にミサイルが入り中にいた天使たちは全滅した。これは、反天使連合の戦闘機が放ったミサイルである。
焼死体の天使の死体を見た009と003は無言のまま怒りの表情をしていた。
戦後、地球に帰還した00ナンバーサイボーグたち。が、009と003はこれ以上戦いに関わることをやめて二人でひっそりと生活することにした。仲間たちは了承し2人は誰も知らない土地へと向かった。

まあ、個人的な見解だからいいよ。
ここまでバッドエンドなことにならないし、どちらかと言えば強大な力を得た00ナンバーサイボーグが天使と戦い勝利するだろう。現実はそうなる。


スポンサードリンク

-009ネタ

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.