009ネタ

【サイボーグ009】神々との闘い編は持ち上げられすぎ

更新日:

正直、サイボーグ009を見ていて思ったことがある。まず、現代の神々との闘い編は過大評価のように持ち上げられている。
あれが、そこまで面白かったのか? そうでもないよ。
むしろ、なぜブラック・ゴーストとの戦いが持ちあげられない。あっちの方が面白いだろ。
そもそも、石ノ森章太郎は神々との闘い、天使を絶対視しているとは思えない。読破したらこれが理解できた。いわば、後世の人間の曲解である。
今の技術でやれるのは神々との闘い絶対視ではなく、むしろサイボーグ009を誰もが面白いと見れる作品にし立てた方が面白い。それも、現代風にアンレジしてね。
下らぬ哲学思想を持ってあーだこーだ説教を言うより面白い。そういう連中はサイボーグ009を読破していえるのか頭をかしげる。
全てを読め。
ブラック・ゴーストとの戦いが無粋で、神々との闘いが神聖ではない。
本当に何が重要なのかわかる。本当に何が面白いのか!
ちなみに、石ノ森章太郎存命時においてブラック・ゴーストとネオ・ブラックゴースト(原作と違う)との戦いがアニメ化している。天使編と神々との闘い編は存命時にアニメ化していない。


スポンサードリンク

-009ネタ

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.