00ナンバーズ

【サイボーグ009】アイザック・ギルモア博士

更新日:

登場作品

初登場:「誕生編」
他:「暗殺編」、「放浪編」、「ベトナム編」、「ミュートス・サイボーグ編」、「ローレライの歌編」、「地下帝国ヨミ編」、「エッダ編」、「グリーン・ホール編」、「ディノニクス編」、「風の都編」、「海の底編」、「海底ピラミッド編」、「上成博士救出作戦」、「怪物島編」、「砂漠のモーゼ編」、「移民編」、「真空戦争」、「天使編」、「コスモ・チャイルド編」、「メルヘン星のお花編」、「星まつりの夜編」、「アステカ編」、「凍った時間編」、「イシュタルの竜編」、「極北の幽霊編」、「凍る秋編」、「眼と耳編」、「見えない糸編」、「ザ・ディープ・スペース編」、「さらばネッシー編」、「イルカと少年編」、「赤い靴編」、「幻の蝶編」、「スター・マーメイド伝説編」、「張々湖飯店繁盛録編」、「時空間漂流民編」、「幻影島編」、「未来都市編」、「ファラオ・ウイルス編」、「誘拐編」、「ベビー・ポピンズ編」、「動物園にて…編」、「パッシング・ショット編」、「神々との闘い編」、「サイボーグ戦士 誰が為に戦う編」、「高い城の男編」、「緊急シュミレーション1992編」

概要

生体工学(「北極の幽霊編」)、ロボット工学の科学者。サイボーグ開発の第1人者と言われる。
長い鼻が特徴。目は誕生編からミュートス・サイボーグ編までに黒だったり白だったりと一定していない。
未来の人間を作るようブラック・ゴーストに協力したが、本当は「未来戦計画」のためと真実を知り00ナンバーサイボーグとともに反乱を起こす(ギルモア博士が立案したため反乱の首謀者)。
科学者としての交友関係は広く反ブラック・ゴースト感情をいだくブラック・ゴースト内部や外部の科学者とは友好関係。
ただし、ブラック・ゴーストよりの科学者からは嫌われておりミュートス・サイボーグの作り親ガイア博士からは嫌われている。
00ナンバーサイボーグを強化することもあり005、008を強化させた。
発明する力には自身があり侮辱されるのを嫌う(「ローレライの歌編」。ただし、001とともに超音波遮断装置を作るので一人では無理)。
入手した機械を解明して何かを探ることも可能(「地下帝国ヨミ編」、「海底ピラミッド編」)。ただし、「海底ピラミッド編」の機械は地球で作られた者と比べて高度な技術で解明には時間がかかった。
006の料理が好き。
歳であるため戦闘には向いていない(「海底ピラミッド編」)。
「北極の幽霊編」に登場したジュリアとは恋仲。しかし、ブラック・ゴースト脱走の際、思想の違いでジュリアを置いていった。
00ナンバーサイボーグよりもブラック・ゴーストを激しく憎んでいる(「アステカ編」)。

ギルモア博士の研究所

日本にある研究所。ギルモア博士と001、003が住む。高頻度で009が来る。
研究所であるためサイボーグを改良したり、船を建造したりする。
「海底ピラミッド編」ではガラル星人の放ったロボットたちに破壊される。
00ナンバーサイボーグのアジト(誰の家か不明)を5人の科学者に破壊される(「怪物島編」)。


スポンサードリンク

-00ナンバーズ

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.