黒い幽霊団

【サイボーグ009】スカール

更新日:

初登場:「誕生編」
他:「地下帝国ヨミ編」
大幹部の一人にして表向きの首領。個人の「黒い幽霊(ブラック・ゴースト)」をさすのはだいたいスカールのこと。
サイボーグ作成計画「未来戦計画」立案者。
黒い骸骨型サイボーグで頭に脳は無く体に脳がある。
「誕生編」の時から加速装置を内蔵している。「地下ヨミ帝国編」から頭に溶解液、両手は伸びる仕込み槍、腹部にミサイルがある。
作中で三回も改造されている部分がある。
広報担当で「誕生編」にて武器会社の社長たちに未来戦計画を説明し、「地下帝国ヨミ編」ではテレビをジャックしスカールが世界に宣戦布告をする映像が流れた。
「誕生編」で未来戦計画を発動し9人の人間を集めてサイボーグにした。しかし、9人とギルモア博士が反乱を起こしジョーにあい発砲されたが、加速装置を使用して逃走し本拠地から脱走。生き残った部下たちと共に第2の本拠地へ行く(おそらく「地下帝国ヨミ」)。
「地下帝国ヨミ編」で再登場。テレビをジャックし全世界にブラック・ゴーストが世界征服する宣戦布告をした。
ヨミにて004、007、008と戦い加速装置で翻弄する。神像内部で009と格闘戦をする。首を撃たれて頭が取れるも両手を外して槍で戦うも両手を009に外されあとをひくが、神像の機械を壊してしまい総統に処刑されて死亡。
外見がうけたのか、新総統はスカールの姿を模した服装で「黄金の三角地帯編」に登場する。


スポンサードリンク

-黒い幽霊団

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.