黒い幽霊団

【サイボーグ009】0013

更新日:

概要

登場:「暗殺編」
東京にいるとされるサイボーグ。その正体は大型のロボットと0012の手下の言語障害を持つ少年。

能力

少年

少年の方は加速装置を持ち、009が持つ加速装置よりも高性能で分身を作ることが可能。通信でロボットを動かし、喋らせることが可能(動かしている時は集中しているためじっとしている。また、オートで動かすことも可能な素振りがある)。言語障害だが車の運転は可能。

大型ロボット

加速装置を持つがマッハ1しか出せない。地中や海底で活動するため電波探知機を使う(目を破壊されてもこれで動くことが可能)。
地震を起こすこともできる。
地中に入り地割れを起こし相手を地中の中に埋める。
大型ロボットの中は部屋もありその中に捕虜を入れたりして移動するのも可能。目を通して中を見させることが可能。
0013が裏切ることを想定して爆弾が仕掛けられている。

性格

周りから虐められていたが、心優しい性格の持ち主。

活躍

食べ物を買って移動していた時に009の友人・鼻傷の安にカツアゲされそうになった時、009に助けられてジョーと話し合って食べ物を分けた。しかし、カカシが009を襲撃しカカシは尋問されるも自害。カカシの発砲音を聞いた仲間が来て合流。車を運転し東京の埋め立て地へ移動し大型ロボットに人質のコズミ博士を入れて009と大型ロボットを戦わせた。優位に進むも助けられたことの恩で009を殺さなかった(ここから大型ロボットは町の中で暴れさせた)。これにより、009から0013の正体を知られた。
009が車に発信器をつけていたため少年とレントゲン、片腕の男とあう。レントゲンが倒され、片腕の男が0013を殺そうとしたが階段から突き落とす。
009と1対1で戦い加速装置をうまく扱って有利に戦いをすすめたが、レントゲンが間違えて0013を斬ってしまい結果、血のあとが地面につき0013に009は銃を突きつけた。0013は戦いを放棄して大型ロボットを呼び0013は中に入りコズミ博士を解放させた。
大型ロボットが爆発し0013は外に放り出されて009に「ともだちになりたかった」と地面に字を書き息を引き取った。
2度も009と戦い全て有利に戦いをすすめている。009との戦いでレントゲンの攻撃を受けなければ圧勝だったのでブラック・ゴーストのサイボーグの中では実力は上位に入ってもおかしくない。
0013以降、14からのサイボーグは登場せず。


スポンサードリンク

-黒い幽霊団

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.