ホームズネタ

【シャーロック・ホームズ】出版された順番

投稿日:

年代順

1887年

長編「緋色の研究」

1890年

長編「四つの著名」

1891年

短編「ボヘミアの醜聞」(ストラガンド・マガジン1891年7月号):冒険
短編「赤毛組合」(ストラガンド・マガジン1891年8月号):冒険
短編「花婿失踪事件」(ストラガンド・マガジン1891年9月号):冒険
短編「ボスコム谷の惨劇」(ストラガンド・マガジン1891年10月号):冒険
短編「オレンジの種五つ」(ストラガンド・マガジン1891年11月号):冒険
短編「唇のねじれた男」(ストラガンド・マガジン1891年12月号):冒険

1892年

短編「青い紅玉」(ストラガンド・マガジン1892年1月号):冒険
短編「まだらの紐」(ストラガンド・マガジン1892年2月号):冒険
短編「技師の親指」(ストラガンド・マガジン1892年3月号):冒険
短編「独身の貴族」(ストラガンド・マガジン1892年4月号):冒険
短編「緑柱石の宝冠」(ストラガンド・マガジン1892年5月号):冒険
短編「ぶな屋敷」(ストラガンド・マガジン1892年6月号):冒険
短編集「シャーロック・ホームズの冒険」
短編「白銀号事件」(ストラガンド・マガジン1892年12月号):回想

1893年

短編「ボール箱」(ストラガンド・マガジン1893年1月号):回想→欠番→挨拶
短編「黄色い顔」(ストラガンド・マガジン1893年2月号):回想
短編「株式仲買店員」(ストラガンド・マガジン1893年3月号):回想
短編「グロリア・スコット号事件」(ストラガンド・マガジン1893年4月号):回想
短編「マスグレーヴ家の儀式」(ストラガンド・マガジン1893年5月号):回想
短編「ライゲートの謎」(ストラガンド・マガジン1893年6月号):回想
短編「背中の曲がった男」(ストラガンド・マガジン1893年7月号):回想
短編「入院患者」(ストラガンド・マガジン1893年8月号):回想
短編「ギリシャ語通訳」(ストラガンド・マガジン1893年9月号):回想
短編「海軍条約文書」(ストラガンド・マガジン1893年11月号):回想
短編「最後の事件」(ストラガンド・マガジン1893年12月号):回想

1894年

短編集「シャーロック・ホームズの回想」

1901年

長編「バスカヴィル家の犬」

1903年

短編「ノーウッドの建築業者」(ストランド・マガジン1903年11月号、コリア―ズ・ウィークリー1903年10月号):帰還
短編「踊ろう人形」(ストランド・マガジン1903年12月号、コリア―ズ・ウィークリー1903年12月号):帰還
短編「孤独の自転車乗り」(ストランド・マガジン1904年1月号、コリア―ズ・ウィークリー1903年12月号):帰還

1904年

短編「プライオリスクール」(ストランド・マガジン1904年2月号、コリア―ズ・ウィークリー1904年1月号):帰還
短編「ブラック・ピーター」(ストランド・マガジン1904年3月号、コリア―ズ・ウィークリー1904年2月号):帰還
短編「犯人は二人」(ストランド・マガジン1904年4月号、コリア―ズ・ウィークリー1904年3月号):帰還
短編「六つのナポレオン」(ストランド・マガジン1904年5月号、コリア―ズ・ウィークリー1904年4月号):帰還
短編「三人の学生」(ストランド・マガジン1904年6月号、コリア―ズ・ウィークリー1904年9月号):帰還
短編「金緑の鼻眼鏡」(ストランド・マガジン1904年7月号、コリア―ズ・ウィークリー1904年10月号):帰還
短編「スリークォーターの失踪」(ストランド・マガジン1904年8月号、コリア―ズ・ウィークリー1904年11月号):帰還
短編「アビ屋敷」(ストランド・マガジン1904年9月号、コリア―ズ・ウィークリー1904年12月号):帰還
短編「第二の汚み」(ストランド・マガジン1904年12月号、コリア―ズ・ウィークリー1905年1月号):帰還

1905年

短編集「シャーロックホームズの帰還」

1908年

短編「ウィステリア荘」(ストランド・マガジン1908年9月号(第一部)と10月号(第二部)、コリア―ズ・ウィークリー1908年8月号):挨拶
短編「ブルース・パーティントン設計書」(ストランド・マガジン1908年12月号):挨拶

1910年

短編「悪魔の足」(ストランド・マガジン1910年12月号):挨拶

1911年

短編「赤い輪」(ストランド・マガジン1911年3月号):挨拶
短編「レディ・フランシス・カーファックスの失踪」(ストランド・マガジン1911年12月号):挨拶

1913年

短編「瀕死の探偵」(ストランド・マガジン1913年11月号):挨拶

1914年

長編「恐怖の谷」

1917年

短編「最後の挨拶」(ストランド・マガジン1917年9月号):挨拶
短編集「シャーロック・ホームズ最後の挨拶」

1921年

短編「マザリンの宝石」(ストランド・マガジン1921年11月号):事件簿

1922年

短編「ソア橋」(ストランド・マガジン1922年2月号と3月号):事件簿

1923年

短編「這う男」(ストランド・マガジン1923年3月号):事件簿

1924年

短編「サセックスの吸血鬼」(ストランド・マガジン1924年1月号):事件簿
短編「三人のガリデブ」(ストランド・マガジン1925年1月号、コリアーズ・ウィークリー1924年10月号):事件簿
短編「高名な依頼人」(ストランド・マガジン1925年2月号と3月号、コリアーズ・ウィークリー1924年11月号):事件簿

1926年

短編「三破風館」(ストランド・マガジン1926年10月号、リパティ1926年9月号):事件簿
短編「白面の兵士」(ストランド・マガジン1926年11月号、リパティ1926年10月号):事件簿
短編「ライオンのたてがみ」(ストランド・マガジン1926年11月号):事件簿
短編「隠居絵具師」(ストランド・マガジン1926年12月号、リパティ1926年12月号):事件簿

1927年

短編「覆面の下宿人」(ストランド・マガジン1927年2月号、リパティ1927年1月号):事件簿
短編「ジョスコム・オールド・プレイス」(ストランド・マガジン1927年4月号、リパティ1927年3月号):事件簿
短編集「シャーロック・ホームズの事件簿」


スポンサードリンク

-ホームズネタ

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.