神話

【日本神話】ヤマタノオロチ

更新日:

ヤマタノオロチとは日本神話に登場する蛇の怪物がいる。
山他のように大きく8つの顔を持つ。
出雲国に住みアシナヅチとテナヅチの8人娘を毎年一人食いに来る。夫婦は出雲国に来たスサノオにヤマタノオロチ討伐と最後の娘クシナダヒメの結婚を約束した。
ヤマタノオロチは夫婦のところに来てスサノオが用意した7つの酒を飲み酔いつぶれて寝た。スサノオは隙を突いてヤマタノオロチを斬り尾を斬ったが、持っていた十束の剣が折れた。尾の中から草薙の剣が現れてスサノオはそれをアマテラスに献上した。
それにしても、ヤマタノオロチがどうやって現れたのか不明。長く生きてなったとは思えない。どちらかと言えば、個々の蛇が合体してこうなったと思う。


スポンサードリンク

-神話
-, ,

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.