神話

【神話】ヒューロン族の神話

更新日:

ヒューロン族の神話は神が登場するわけではない。亀と他の動物と人間の女性が登場する。
大地はなくすべては水におおわれていた。女は天上に住んでいたが夫に突き落とされて海に落ちる。水鳥のアビが助けて他の動物たちも女を助けて亀の上に乗せた。
亀率いる動物たちは女に住みやすい土地を与えるため、陸地を作ることにした。土や泥が積み重なり死体が重なり最後のヒキガエルが持ってきた土で完成した。
女はそこに住みつき善悪の双子を産み落とした。ところが、双子の仲は悪く争いを始めた。
善は普通に産み落とされたが、悪は気短く母親を蹴って産み落とされて母親死なせた。母親の死体からトウモロコシやカボチャが作られた。
悪は有害な動物を率いて、善は無害な動物を率いて争った。結果、善が勝った。
こうしてみると独特な神話な気がする。神という感じがするのは女だが、その女は動物たちに助けられた。我々が知る神話とは違う感じだ。


スポンサードリンク

-神話
-

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.