中国神話

【中国神話】渾沌

更新日:

概要

渾沌とは四凶の一体。外見によって差異が見られ別記する。

外見

二種類存在する。
1.長い毛の生えた犬だが毛に覆われて目が見えず、脚は爪がなくクマに似ている。
2.目、鼻、耳、口の計7つの孔が無く脚が6つ、翼が6枚生えた化物。

特徴

2種類ある。

犬の場合

悪人を好み善人を嫌う。耳が聴こえないらしく尻尾をくわえて回り始めて、空を見て笑う。

孔無しの場合

道教において鴻鈞道人と名乗り人の姿をする。
荘子にて帝として登場し渾沌に音がある北海、南海の帝は渾沌に7つの孔を開けたら死んだという。転じて無理な道理をつける「渾沌に目口を空ける」ということわざが誕生した。


スポンサードリンク

-中国神話

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.