中国神話

【中国神話】饕餮

更新日:

概要

饕餮(とうてつ)とは四凶の一体。縉雲の子。
財産、食べ物を食べるためなんでも食べるとされる。しかし、転じて四凶の意味と全く違うものになった。
明代どういうわけか竜生九子に数えられた。

外見

体が牛か羊、人の顔、曲がった角、虎の牙、人の爪。

善良?

饕餮はなんでも食べることは「魔を食べる」ことも意味しており魔除けの存在になった。


スポンサードリンク

-中国神話

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.