ギリシャ神話

【ギリシャ神話】黄金のリンゴ

更新日:

概要

黄金のリンゴとはギリシャ神話に登場する果物。金色のリンゴ。
世界の西の果てに存在する小さい美しい楽園にて実る。ヘラが所有しており結婚祝いに出す。楽園には目をつぶらない竜ラドン、アトラスの3人の娘ヘスペリベスが見張る。
希少価値が高く神々は飾りとして所有する。

活躍

ヘラクレスはミケナイ王に頼まれて探す。アトラスと会いアトラスからヘスペリベスが持っていると話す。ここからアトラスとヘラクレスの世界を支え合いが始まる。
トロイア戦争開始前にテティスとペレウスの結婚式に招かれなかった争いの神エリスは黄金のリンゴに「最も美しい女神へ」と刻み結婚式へ投げ入れた。これが原因でトロイア戦争が開幕する。


スポンサードリンク

-ギリシャ神話

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.