北欧神話

【北欧神話】ヘル

更新日:

ミドガルズオルムとは父ロキ、母アングルボザの娘。ロキの子供たちで数少ない人間の姿をしている。下半身、体の半分が変色しているらしい。
死者の支配者。
ガルムの飼い主。ガングラティとガングレトを召使いとしている。
死者を復活させることはできるものの条件をつける。
死者の世界にして極寒の世界ヘルヘイムの支配者で自身の館エーリューズニルに住む。
ヘルの意味は「地獄」ではなく、「隠す」を意味している。
オーディンや他の神々から危険視されヘルヘイムに落とされた。その後は死者を管理する神となった
バルドルがロキの策略でヘズに撃ち殺されて、フリッグはヘルモーズにバルドルの復活を命令しヘルに頼みに来た。ヘルは条件で世界中の生物がバルドルの復活を懇願したらやるとした。神々が使者を送りバルドルのために泣いてくれた。しかし、女巨人セック(ロキが変装したと言われている)だけなかず復活は無効となった。
ラグナロクでは死者の爪で作った船に乗り巨人たちに加勢する。おそらく、戦死しただろう。


スポンサードリンク

-北欧神話
-, ,

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.