北欧神話

【北欧神話・ネタ】男が魔法を扱うことについて

投稿日:2017年5月30日 更新日:

この記事の所要時間: 029

概要

今のファンタジーでは男の魔法使いがいてもおかしくない。中世ヨーロッパのマーリンとか東洋の仙人とかがそれであり魔法使いはいたって普通である。
北欧では少し違う。

昔の北欧の感性から

昔の北欧の住民の感覚ではこうである。

「男が魔法使ってさ生きてて恥ずかしくないの?」

そう、男が魔法を使うことは「死ね」を意味していた。ロキの口論ではオーディンの死ぬ理由にこれがあった。そのため、北欧の男は武器を使うことが許されるものの魔法は許されない。
マーリンとか涙目の世界だ。


スポンサードリンク

-北欧神話

執筆者:


comment

関連記事

no image

【北欧神話】ミョルニル

この記事の所要時間: 049

この記事の所要時間: 約 0分49秒 古ノルド語で「粉砕するもの」の意味をする槌(ハンマー)。 能力は「壊れない、敵に投げつけるとはずさず代えてくる、大きさ変更可能、雷撃を放つ、死者の復活(ただし、骨 …

no image

【北欧神話・世界】ニヴルヘイム

この記事の所要時間: 021

この記事の所要時間: 約 0分21秒 目次1 概要2 固有のもの2.1 フヴェルゲルミル2.2 ヘルヘイム2.3 エーリヴァーガル川 概要 ニヴルヘイムとは北欧神話に登場する世界の1つ。氷の世界で死者 …

no image

【北欧神話】ロキの妻たち

この記事の所要時間: 043

この記事の所要時間: 約 0分43秒 ロキの妻は二人いるとされる。 1.アングルボザ 女巨人。ロキとの間もしくわロキがアングルボサの心臓を喰らいフェンリル、ヨルムンガンド、ヘルを生んだ。 2.シギュン …

no image

【北欧神話】ガルム

この記事の所要時間: 031

この記事の所要時間: 約 0分31秒 北欧神話に登場する狼に似た犬。体は大きい。飼い主はヘル。 別名「犬のうち最高のもの」。 ヘルヘイム(冥界)にあるヘルの館エーリューズニル、ヘルヘイムの入り口を守る …

no image

【北欧神話】ミドガルズオルム

この記事の所要時間: 14

この記事の所要時間: 約 1分4秒 ミドガルズオルムとは父ロキ、母アングルボザの息子。大蛇で島を回るほどに大きい。 長兄にフェンリル、長女ヘルがいる。 ユルムンガンド、イオルムンガンドル、ヨルムンガン …

スポンサードリンク