北欧神話

【北欧神話】ロキの妻たち

更新日:

ロキの妻は二人いるとされる。
1.アングルボザ
女巨人。ロキとの間もしくわロキがアングルボサの心臓を喰らいフェンリル、ヨルムンガンド、ヘルを生んだ。
2.シギュン
ロキとの間にナリとナルヴィができる。
ロキが神々の罰でロキが鉄に変わったナリの腸で縛られ毒蛇から出る毒液をシギュンは洗桶で守っていた。大量に入ると毒を捨てにいくが、その間に毒液がロキにあたりロキの悲鳴で地震が発生。
ラグナロクでロキは解放されるがシギュンはどうなったか不明。
ロキが拘束されている時期を考えて第2の妻と見た方がいいか。
番外編「ロキの夫」
ロキは男性じゃないの?
実は女性になれるし、自分から「あいつの嫁だ」と言いだすことも可能。
1.スヴァジルファリ
ロキの夫。馬。
ロキはスヴァジルファリとの間にスレイプニルを作る。狂気じみた話だ。


スポンサードリンク

-北欧神話
-, ,

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.