戦争・兵器

【武器】儀礼武器

更新日:

この記事の所要時間: 055

概要

儀礼武器とは儀礼目的が作られた武器。主に剣として扱われる。
特徴は装飾が施されており単純な武器というより高級さを出させている。そのため、士官クラス以上が用いることを許されている。
また、儀式に用いられたりする。
世界各地に存在しヨーロッパ、アフリカ、日本と問わない。

一覧

儀礼

1.ノゴディップ(ブショング王国族長、権力者)
2.チラニュム(ムガール帝国士官)
3.小烏系の刀(大日本帝国軍陸軍元帥)
4.ピロー・ソード(ヨーロッパの貴族)
5.ハウィ(ダホメ王国高級女官)
6.ドレス・ソード(ヨーロッパ宮廷貴族)
7.スモール・ソード(ヨーロッパ貴族、紳士)
8.ザファー・タキエ(インド貴人)
9.グバサ(ダホメ王国)
10.カダラ(ペルシア貴族)
11.飾剣(平安貴族)
12.円頭太刀(古墳時代)
13.マボムバーム(ブショング王国族長、次ぐ地位の者)

儀式

1.七支刀(日本の儀式)
2.ラム・ダオ(ネパール、インド北部の儀式)


スポンサードリンク

-戦争・兵器

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.