戦争・兵器

【戦争・兵器】那須与一が矢を放った後

投稿日:

この記事の所要時間: 025
那須与一が矢を放ったことであった。
源氏や平氏は的を当てた与一の武芸にほれぼれしてほめていた。まあ、それが普通だろう。
しかし、喜んでいない男がいた。
源義経である。なんで、義経が喜んでいないのか。それは、平氏が喜んでいることに逆ギレして与一に平氏の踊っている者に撃ちぬくよう命令した。
平氏の兵士は撃ちぬかれて怒った平氏は大軍で源氏に襲いかかった。
おい、義経。お前は戦いたいだけだろう。本当マジふざけんな。空気読め。


スポンサードリンク

-戦争・兵器

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.