戦争・兵器

【戦争・兵器】足利尊氏は戦ってばっか

投稿日:

足利尊氏の人生は戦いの連続である。まるで、生きる修羅道である。
1.鎌倉幕府の討幕に参加。六波羅探題を滅亡させる。
2.北条軍の残党を弟の直義と共に殲滅する。
3.後醍醐天皇に反発して戦う。
4.新田義貞、楠正成を撃破。
5.権力闘争によって仲が良かった弟である直義と戦う。
6.死ぬまで南北朝の乱は終わらず、義満の時代まで続く。
修羅だ。修羅道を素で歩く人物だ。権力欲というより本能で戦いを好む人物だ。
死ぬときは布団の中で死んだ。だが、尊氏の生きざまを見るととても普通に死んだというより戦いの中で死んだとしか思えない。


スポンサードリンク

-戦争・兵器

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.