戦争・兵器

【処刑】ギロチンと断頭台の違い

更新日:

ギロチンと断頭台がある。
断頭台とは服るからある処刑方法で首と頭が入れるほどのくぼみいのある石に顔を入れて動けなくさせないよう固定して処刑人が思いっきり斧か処刑用の剣で斬る。
これは、ギロチンと似ておりあちらは処刑人がギロチンを降ろすことだ。
かなりにており断頭台はギロチンの別名となっている。

なお、象による処刑にも断頭台が使われていた。


スポンサードリンク

-戦争・兵器

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.