戦争・兵器

【処刑】条件によっては無罪が得られる可能性のある死刑

更新日:

死刑の中では生き残れば無罪となるものもある。ただし、生き残ったとしてもその後の人生に生きられるかわからない障害を負ってしまう。

猛獣刑

古代ローマ帝国にあった処刑方法。罪人を猛獣と戦わせて殺す。
見せ物として一面がある。
猛獣に勝てば無罪。しかし、歴史上にそれをなしたものはいない。

炮烙

殷でつくられた処刑方法。罪人を猛火の中にある銅の丸太の上を渡らせる。
これも見せ物のとしての一面を持つ。
渡りきれば無罪放免だが、これも無理だ。

車裂き

ヨーロッパで多く使われた処刑方法。ドイツにおいて生き残った記述があり。
しかし、手足の骨を折られるためその後の生活への影響ははかり知れない。

十分の一の刑

古代ローマ帝国の時代にあった軍人にのみ適用される処刑方法。何らかの罪をした部隊に対してクジであたりを引いた者を処刑する。
逃れたとしても後の生活へ苦しいことが起きる。


スポンサードリンク

-戦争・兵器

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.