雑学

【ネタ】忠臣蔵をマフィアぽくするとこんな感じ

更新日:

突然かもしれないが、忠臣蔵をマフィアっぽくする。
ニューヨークのカルロスファミリーの重役でボスの親戚ライトはアリゾナ州生まれで、カルロスファミリーの傘下にあるレッドマフィアのボスノリを馬鹿にして「田舎ヤクザ」と日々、罵った。
そして、ボスの館でそれはおきた。
「おんどりゃあ! ライトォォォ!!」
ブチギレたノリはチャカを取り出して発砲しようとしたが、ボスのボディーガードに取り押さえられた。
こんな恥知らずな行動をとったノリは自決して詫びを入れるため、ボスや重役たちの前で死んだ。
これに怒りを露にしたのは、アリゾナ州のレッドマフィアであった。
「なぜけじめをつけるのが、ボスだ! どう見てもライトの方だろ!」
「そうだ! ライトの方がするべきだ!!」
「そうだ、そうだ!!」
彼らが言うにはライトは大した力もないくせにボスの職を盾にしたとんでもないクズだ。虎の威を借る狐を殺すべし!
レッドファミリーNo.2ビッグ・ストーンは部下を多く引き連れてライト邸になだれ込む。ライトの兵士たちを次々と射殺していく。
攻め込みが深夜であったためか、ライトの兵士たちは寝ている者が多かった。他方、レッドファミリーは寝るよりもライトの首を欲する意欲がすさまじく眠気は感じていない。
ライトの兵士たちを射殺していくが、肝心のライトがいない。寝室、食堂、押入れと隠れそうな場所を探しても見つからない。
あきらめかけたが、外の物置小屋から音がした。
ビッグの部下が見に行こうとすると物置小屋から石が投げられた。誰かいる。
ビッグは小屋を開けろと命令して開けると、そこにライトとライトの部下が一人いた。
ビッグは彼らを捕らえてその場で射殺した。これで、ライトはけじめをつけた。
翌日、ボスはビッグたちのやっていることを許さずけじめをつけさせることを命令した。ビッグとビッグが連れてきた兵士たちは了承して自決した。
これにて、彼らの復讐は終わったのであった。
と、書けばこんな感じか。


スポンサードリンク

-雑学

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.